【原神】重雲(ちょううん/チョウウン)育てると強い!最近注目されなくなった瞬間高火力アタッカー

原神
スポンサーリンク

原神の初期ガチャから登場している星4キャラ重雲。

いろんなキャラクターを使ってきましたが、個人的にはやっぱり重雲が一番使いやすいです。

ドラゴンスパインの探索以来、どんな場所でも不自由なく使えているし、ベネットと組み合わせてからは火力が跳ね上がり戦闘が面白くなっています。

過去に重雲の記事を書いているのですが、当時よりもさらに強くなっているので、記事をアップデートしていこうと思います。

重雲を使いやすい理由

氷元素・大剣持ちであり、元素スキル・爆発の回転が速い。

オススメ聖遺物は「旧貴族+氷風」

ベネットと組み合わせて溶解反応で火力アップ!

重雲が好きで使いたい方必見ですので読んで参考にしてみてくださいね!

過去記事:【原神】重雲(ちょううん)メインアタッカー運用しよう!

スポンサーリンク

重雲を育てるなら惜しみなくステータス強化しよう!

みなさんは原神キャラクターの強さランキング(ティア表)を見たことはありますか?

先に話しておくと、重雲は残念ながらどのランキングでも評価が高くありません。星4キャラというのもありますが、メインアタッカーとして使うには単調で火力不足という評価がされています。

ここで勘違いしてほしくないのは、重雲が弱いキャラクターではないということです。育ててあげれば普通に強いキャラクターなのでしっかり育成してみてください。原神の醍醐味は、どのキャラクターでも満足に遊べるという点です。

氷元素、大剣持ちであり、元素スキル・爆発の回転が速い

重雲は氷元素キャラクターで大剣持ちという優秀なステータスがあります。この組み合わせは他に星5キャラクターのエウルアのみです。

大剣はフィールド探索に欠かせない武器です。

  • 大剣の利点
    • 敵のシールドを壊せる
    • 鉱石を早く壊せる
    • 雑魚敵にはノックバック効果がある
    • 広範囲にダメージを与えられる
    • 爽快感がある

大剣キャラクターはアビスの魔術師のシールド、大型スライムの鎧、大型ヒルチャールの盾や鎧、岩の無相の岩柱などを壊すことができます。フィールド散策では鉱石を素早く壊せるし、戦闘では広範囲とノックバック効果のある攻撃であまり苦労しません。それに一撃が大きいし、大剣を振り下ろす攻撃スタイルは爽快!

  • 氷元素の利点
    • 元素反応が優秀(凍結、溶解、超電導)
    • 川や海も凍らせられる
    • 水アビス、アビスの使徒、アビスの詠唱者・紫電に強い

氷元素での元素反応は、凍結、溶解、超電導といった強力な元素反応を起こせます。中でも水元素との凍結反応は敵の動きを止めることができる強力なものとなっていて、移動時にも川や海を凍らせることもできて便利です。あの強力な水アビスの魔術師のシールドも動きを止めながら安全に壊すことができ、深境螺旋に登場するアビスの使徒、アビスの詠唱者・紫電といった強力な敵にも有効。

これらすべての利点を重雲ひとりでこなせます。

パーティが4人編成なので一人二役できるキャラクターというのは育てて損は絶対にしないです。

おすすめ聖遺物は「旧貴族のしつけ2セット」「氷風を彷徨う勇士2セット」

重雲の立ち回りは、元素スキル・爆発の回転率を活かすダブルアタッカー編成おすすめです。

なので、 「旧貴族のしつけ2セット」「氷風を彷徨う勇士2セット」 が強力です。

旧貴族のしつけ2セット ・・・元素爆発のダメージ+20%
氷風を彷徨う勇士2セット ・・・氷元素ダメージ+15%

おすすめメイン効果

花:HP(固定)
羽:攻撃力(固定)
時計:攻撃力
杯:氷元素ダメージ+%
冠:会心率
会心ダメージ

パーティ編成例

ダブルアタッカーとしてパーティを編成する場合

  • アタッカー、シールド・煙緋
  • アタッカー・重雲
  • 拡散、吸引・万葉
  • バフ、回復・べネット

ポイント

・ベネットのフィールドに万葉で敵を吸い寄せる→煙緋と重雲で複数攻撃

氷、炎の常時溶解反応で高ダメージ

炎元素共鳴でパーティの攻撃力強化

安定して高火力が出せます。

原神をプレイするうえで、ベネットを使わないという選択肢はないと言っていいほど外せないキャラクター。煙緋との炎元素共鳴で火力が向上します。

まとめ

重雲は決して弱いキャラクターじゃなく、むしろ使いやすい強キャラ。

ダブルアタッカー編成がオススメ。できれば炎アタッカーと組ませるといい。

元素スキル・爆発で頻繁に氷元素攻撃可能

攻撃モーションがかっこいいキャラクター。待機モーションでアイスを食べる姿がオススメです。

みなさんもお気に入りのキャラクターを育てて使ってみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました