【原神】歴代スマホアプリと訳が違う!絶対にダウンロードすべき5つの理由

原神
スポンサーリンク

【原神】というゲームをご存じですか?

中国が本気を出して製作した最高傑作オープンワールドRPGです。

製作期間3年4か月、製作費100億円、製作総人数400人

これで基本プレイ無料ですから凄い(笑)

【原神をプレイした方がいい理由】

・製作費などが大手ゲーム会社並みなのに基本プレイ無料
・スマホ・PS4・PCと幅広い対応機種
・美しすぎるグラフィック・音楽の中での自由な冒険
・魅力的なキャラクター揃い踏み!お気に入りのキャラクターに出会おう!
・新実装ハウジング機能で自分だけの世界を作れる!

この記事を読んだら必ず【原神】をプレイしたくなります!【原神】をプレイした方がいい理由を紹介していきますのでよかったら最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

1.基本プレイ無料

・【原神】は基本プレイが無料です。

製作期間3年4か月、製作費100億円、製作総人数400人

ファイナルファンタジーXで比較すると・・・

製作期間1年半~2年、製作費40億円、製作総人数300人
FF10 – ファイナルファンタジーX 最新情報 (sakura.ne.jp)参照

時代が違えど、あの人気大作ゲームを優に超えています。なのに基本プレイが無料で遊べるんです。

キャラクター育成をガンガン進めて早く強くなりたい!っていう人じゃなければ、課金は全く必要ありません。敵が強い場合は難易度を設定できるので安心してプレイできます。

私は基本的にゲームに課金をしないですが、原神はプレイして1ヶ月で微課金プレイヤーになりました。ゲームのクオリティの高さに驚き、課金してもいいゲームと私の中で決定!

いいサービスにはお金を払うという精神で課金してます(笑)

2.対応機種は?

・PlayStation 4
・PlayStation 5
・PC(Microsoft Windows)
・スマートフォン(iOS / Android)
Nintendo Switch(2021年5月26日時点、Switch版リリース時期は未定)

必要環境
【Windows】
CPU:Intel® Core i5以降
RAM:8GB以上
GPU:NVIDIA® GeForce® GT 1030以降
DirectX:11
ROM:30GB以上
【iOS】
OS:iOS9.0以降
CPU:A11 Bionic以降
※Android版と違いフレーム上限は自動的に60FPS
GPU:3コア以上
RAM:3GB以上
ROM:8GB以上
【Android】
OS:Android 7以降
CPU:Snapdragon 835以降など
※ARMv8-A(64-bitのみ)
GPU:Adreno 618以上など
RAM:3GB以上
ROM:8GB以上
フレーム上限:30FPS
※SD720G以降は60FPS動作可能
推奨環境
【Windows】
CPU:Intel® Core i7以降
RAM:16GB以上
GPU:NVIDIA® GeForce® GTX 1060以降
【iOS】
OS:iOS9.0以降
CPU:A11 Bionic以降
※Android版と違いフレーム上限は自動的に60FPS
GPU:3コア以上
RAM:3GB以上
ROM:8GB以上
【Android】
OS:Android 8.1以降
CPU:Snapdragon 845及びKirin 810以降
GPU:Adreno 630及びMali-G52 MP6以降
RAM:4GB以上
フレーム上限:60FPS(iOS版と同様)
原神 – Wikipedia

私のおすすめはタブレットかPCです。スマホは場面が小さいですが人目をあまり気にせずプレイできるのはいいかもしれませんね。

3.美しすぎるグラフィック・音楽を堪能

あの雪山の頂上にだって歩いて行けます

・どこまでも続くオープンワールド

山・川・草原に遺跡。自分の足でどこまでも歩いて行けます。グラフィックはアニメ調で親しみやすく、それでいて木や動物、風景が美麗で細やかに再現されています。オープニングで相棒のパイモンとテイワット大陸を一望するシーンはワクワクさせられること間違いなし!

・いいゲームにはいい音楽を

私はファイナルファンタジーがとても好きで、ゲームで一番大事なのは音楽だと感じています。【原神】は音楽にとても力を入れているゲームなんです。ログイン画面を開くたびにメインテーマ曲が時間帯によって曲調を変えて流れる演出に感動したし、各エリアごとに違った音楽が流れ、ずっと音楽が流れ続けるわけではなくピタッと止まる時があります。その瞬間は風の音や鳥の声だけが聞こえ、冒険を飽きさせない演出を巧妙に出してくるんですよね。

はじめのマップはヨーロッパ風の世界を冒険するのですが、物語が進むと今度は中華風の世界へ向かいます。初めて璃月(リーユエ)の港町を訪れた時の感動は忘れられません。

この話はあまり詳しく話してしまうともったいないので、ぜひ【原神】を実際にプレイしてその感動を味わってほしいです。

4.みんな魅力的な【原神】のキャラクター

【原神】がリリースされてから少しずつ実装されてきたキャラクターは今では総勢32名+旅人(主人公)

全てのキャラクターがしっかりと作りこまれているのでそれぞれが魅力的なキャラクターです。

なんといっても個性が多種多様!

高身長イケメン、美女お姉さんからケモミミ、幼女、美少年美少女、キョンシー・・・

レアリティにそこまで差がないので推しキャラクターを思う存分育成できます。YouTubeの原神チャンネルでキャラクター紹介動画が徐々に増えていっているのでぜひ見てみてください。

私は重雲(ちょううん)というキャラクターが一番気に入っていますが、最近実装された煙緋(えんひ)というキャラクターに偏り始めてます。美人で強く、口調が落ち着いていて見た目とのギャップがいいんですよね。

5.新実装ハウジング機能【塵歌壺】

かく言う【原神】もリリースから8か月が経ったころ、だんだんマンネリ化が進んでいました。そんな時、まさかのハウジング機能実装という大型アップデートが発表されました!

【原神】をプレイし始めて良く思うのが、やっぱお金がかかってるゲームはやることが違うなってとこです。常にアンケートでプレイヤーの意見を取り入れて実現させてしまう運営はかなり優秀です。しかもリリースして8か月でかなりの改善がなされてきましたし、常にプレイヤーが飽きないように動いているのが目に見えてわかります。

話を戻しましてこのハウジング機能、なかなか面白いんです。

自由度が高めで結構いろいろなものを作れます。

リアルな木々やオブジェクト、建物、岩の土台を組み合わせて山を作ることも可能ですし、メインの建物に入ると部屋の装飾も細かくアレンジできます。ハウジングに関しては課金要素がなく、ほかプレイヤーと大きな差が出ないのでじっくりコツコツと取り組めます。

ペットだらけの部屋を作るも良し。理想のマイホームを夢見ながらレイアウトを考えるも良し。マルチプレイで訪問してきたフレンドを驚かせるも良しと、個性あふれる自分だけの世界を作りましょう!

【まとめ】

【原神をプレイした方がいい理由】

・製作費などが大手ゲーム会社並みなのに基本プレイが無料。
・スマホ・PS4・PCと幅広い機種に対応している。
・美しすぎるグラフィック・音楽の中での自由な冒険が楽しめる。
・魅力的なキャラクター揃い踏みなので、お気に入りのキャラクターで存分に遊べる。
・新実装ハウジング機能で自分だけの世界を作れる。

以上!もしプレイ環境が整っているなら、今日から原神をプレイしてみませんか?

海灯祭

コメント

タイトルとURLをコピーしました